読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の形と幸せの4条件(2)

どうも、大地です

 

今回はシリーズ2回目です

では、さっそく本題に入ります

 

 

世界の形(2)変化

 

この世界は常に変化しています

 

これを感じ取るには歴史を考えるといいです

約46億年前:地球誕生

約40億年前:地球初の生命誕生

約2億年前:恐竜誕生

約6500万年前:恐竜絶滅

約600万年前:人類誕生

約10万年前:ホモサピエンス誕生

約4万年前:人類が日本まで移動

約5000年前:文明の誕生

約250年前:産業革命

約140年前:電話の発明

約100年前:ライト兄弟初飛行、第一次世界大戦

約80年前:第二次世界大戦

約70年前:コンピュータの誕生

約55年前:初の有人宇宙飛行

約52年前:東京オリンピック開催

約47年前:人類初の月面着陸

約40年前:パソコンの普及

約25年前:ソ連崩壊、バブル崩壊

約21年前:阪神淡路大震災

約20年前:インターネットの普及

約15年前:i pod発売、アメリカ同時多発テロ

約10年前:世界金融危機、i phone発売

約6年前:東日本大震災

約2年前:イスラム国樹立

約9か月前:熊本地震

約7か月前:イギリスのEU離脱国民投票離脱派が勝利

約2か月前:アメリカ合衆国大統領選挙ドナルド・トランプが当選

 

地球誕生とトランプ当選を同列に扱うのはどうかと思いますが、僕の感覚ではこんな感じです

こうやって自分で年表を作っていると、先人たちへの感謝の念が込みあがってきますし、自分にとってどの出来事が重要かがよくわかるので、一度皆さんも作ってみることをおすすめします

 

さて、このように変化していく世界で、幸せになるにはどうすればよいのでしょうか?

 

 

幸せの条件(2)日々生まれ変わる

 

やはり世界が変わっていくなら、自分も変わっていくべきだと僕は思います

君子豹変というやつですね

 

人は毎日進歩しているという実感を得ることで幸せになれるということは、皆さんも気付いていることではないでしょうか?

そして、人間に進歩を求める本能のようなものがあるから、世界が急激に変化していってるのではないでしょうか?

 

しかし、たまに自分の考えに固執して変化しない人がいます

僕もたまにそうなってしまいます

こういう人はおそらく、自分が絶対正しいと思っているから変わらないのではないかと思います

僕はこうなってしまいそうなとき、いつも1万年後の人々のことを考えます

1万年後の人々から今の僕たちを見たら、おそらくバカみたいな考えをしてるのではないでしょうか?

だって、ついこの間まで人種差別が当たり前だったんですから

 

しかし、昔から変わらず現在でも、そしておそらくこれからも大切なことがあると思います

そういったものは大事にしていくべきでしょう

 

このように、幸せになるには、時代に関わらず大切なものを大事にしながら、日々生まれ変わることが大切だと僕は思います